赤ちゃん ミルク いつまで

ミルクはいつまであげるべき?

赤ちゃんのミルクは、いつまで与えればいいのでしょうか。
そんな赤ちゃんのミルクをやめる時期は、その子の離乳食の進み具合と関係しています。
離乳食がきちんと食べれるようになっていて、食事から栄養がきちんととれるようになったら、
そろそろミルクをやめてもいいでしょう。
離乳食の完了期と言われる、1歳から1歳半の時期になると赤ちゃんは1日3回大人とあまり変わらない食事を食べれるようになります。
食べれる種類も増え、栄養も食事から摂れるようになってきます。
ですから、そのくらいの時期にミルクから牛乳に切り替えてもいいでしょう。

 

また、生後9か月ころになるとミルクからフォローアップミルクに切り替えようか迷うお母さんもいると思います。
育児用のミルクとフォローアップミルクの違いは、ミルクは母乳の変わりに飲むものですが、
フォローアップミルクは牛乳の変わりにあげるもので、離乳食の時期に不足しがちな鉄分やカルシウムを補う商品です。

 

ですから、あまり離乳食が進んでいない赤ちゃんには、育児用のミルクをあげて、離乳食がしっかり食べれるようになった赤ちゃんには、
フォローアップミルクをあげるといいでしょう。フォローアップミルクのほうが安いので経済的です。
ですが、必ずしも粉ミルクからフォローアップミルクに変えなくてはいけないわけではありません。
卒乳するまで粉ミルクのままでももちろんいいです。
そして赤ちゃんは、1歳すぎれば牛乳を飲んでも大丈夫です。1歳前では、おなかを壊してしまったり、アレルギーがでる可能性があります。
ですから、1歳から1歳半にかけて徐々にフォローアップミルクから牛乳に移行するといいでしょう。

 

赤ちゃんの離乳食に合わせて、栄養バランスがきちんと摂れているタイミングを見て、ミルクをやめましょう。
あまり赤ちゃんがミルクばかり飲んでいると、それだけでお腹が満たされて、離乳食が進まなかったり、小食になってしまう可能性があります。
ミルクの量を考えながら、きちんとごはんから栄養が摂れるようにしていくことも大切です。

哺乳瓶の重要性をご存知ですか?


このページの先頭へ戻る