赤ちゃん ミルク 飲まない

赤ちゃんがミルクを飲んでくれない時

赤ちゃんがミルクを飲まないことで、悩むお母さんは多いです。
大切な赤ちゃんの食事であるミルクを飲まないとやはり心配になりますよね。
どこか悪いのかとか。このままできちんと成長していってくれるのかとか。

 

では、赤ちゃんがミルクを飲まない理由には、どのようなことが考えられるのでしょうか。
一つは、哺乳瓶やミルクの味が気にいらない場合です。
特に今まで母乳を飲んでいた赤ちゃんは、ミルクの味や哺乳瓶の乳首に違和感を感じる子が多いでしょう。
そんな場合の対処法は、さまざまな哺乳瓶を試したり、乳首の部分も様々なものがありますので試してみましょう。
乳首の柔らかさや形状で、ミルクの飲みやすさが変わってきます。乳首によってはいっぱいミルクが口に入ってきてむせてしまい、赤ちゃんが嫌がっている場合もあります。
赤ちゃんが気にいるものを探してあげましょう。

 

また、ミルクの味が気にいらない場合は、さまざまなメーカーのものを試してみましょう。
1缶購入してしまって、飲まないともったいないので、始めはスティックタイプのものを購入して試してみるといいでしょう。
また、ミルクの味は、水道水のカルキ臭さが原因となって嫌がる場合があります。
そんな時は、水を変えてみるのもいいでしょう。ただ、ミネラルウォーターは粉ミルクを作るのには適しません。

 

他には、ミルクの温度が関係している場合もあります。
少しぬるくしてみたりと温度も工夫してみましょう。

 

赤ちゃんは、とてもデリケートです。細かいところに気を配ってあげて赤ちゃんが飲みやすい状態を探ってあげましょう。
赤ちゃんがミルクを飲まないと、お母さんも必死になってしまうと思いますが、赤ちゃんがきちんと成長曲線の間で成長しているなら、それほど気にしなくてもいいと思います。
赤ちゃんのミルクの量も個人差があり、少食の赤ちゃんもいます。

 

そして本当に嫌がって飲まない時は、ミルクアレルギーの可能性もありますので、検査してみるといいかもしれません。

哺乳瓶の重要性をご存知ですか?


このページの先頭へ戻る