乳児 粉ミルク

粉ミルクの選び方って

赤ちゃんにとって一番良いのは母乳ですが、お母さんの体調によっては、母乳があげることができず粉ミルクを利用する場合もあるでしょう。
また、粉ミルクならお父さんでもミルクをあげることができるので、お母さんの負担を減らすことができます。
では、たくさんある粉ミルクの中から、どのように粉ミルクを選べばよいのでしょうか。
たくさん粉ミルクの種類がありすぎて、迷ってしまう人も多いと思います。

 

まずは、粉ミルクの種類を知っていますか?
粉ミルクには、生まれて直ぐから飲める「育児用ミルク」、ミルクアレルギーを持つ赤ちゃんの為の「アレルギー用ミルク」
9カ月ころから、食事の栄養補助として飲む「フォローアップミルク」の3種類があります。

 

その中でも多くの人が最初は「育児用のミルク」を利用することになると思います。
赤ちゃんのミルクの成分は、国が基準を設けています。
法律によって成分規格、製造基準が定められている為、どのメーカーの粉ミルクでも主要成分に大きな差がありません。
粉ミルクは、母乳にできる限り近い栄養成分でできていますので、ミルクだけでも十分に赤ちゃんは成長できます。

 

では、栄養成分に差がないのにどうして価格に差があるのでしょう。
それは、キャンペーンなどの宣伝費が粉ミルクの価格に上乗せされている可能性があります。

 

どれもそれほど差がないのならどのように選べばよいのかといいますと、
赤ちゃんがきちんと飲んでくれて、順調に成長していってくれるものがいいです。
ですから、あまりメーカーや価格にこだわらなくてもいいでしょう。

 

高い粉ミルクだから、栄養面が優れているというわけではないようです。
お母さんと赤ちゃんが、気にいる粉ミルクを探しましょう。

 

いきなり1缶買ってしまって、合わないと困るので、スティックタイプのもので試してみるといいでしょう。
粉ミルクは、母乳に近づけるように日々進化しています。
ですから、母乳育児に悩むお母さんの強い味方になりそうです。

哺乳瓶の重要性をご存知ですか?


このページの先頭へ戻る