赤ちゃん ミルク 吐く

赤ちゃんとミルクの関係

産まれたての赤ちゃんは、ミルクをよく吐きやすいものです。
時には、噴水のようにいっぱい吐いてしまい、心配になるお母さんもいるでしょう。
しかし赤ちゃんが、ミルクを吐くのは自然なことなので、あまり心配しすぎないようにしてください。
だいたい、生後3か月くらいまでは、よく吐くでしょう。成長するにつれて吐く回数も減ってきます。

 

では、なぜ赤ちゃんがミルクを吐くのでしょうか。
最も多い理由は、ミルクの飲ませすぎです。特に飲んだ後に口からタラタラ出すような場合は飲ませすぎです。
産まれたての赤ちゃんは、自分で飲む量を調整できません。ですからお腹がいっぱいでもついつい飲みすぎてしまうのです。
お母さんは、ミルク缶に書いてある指示通りに飲ませていても赤ちゃんにとっては、ミルクの量が多いかもしれません。
体重をみながら、あまりにも増えすぎている場合は、ミルクの量を減らしてみましょう。

 

さらに、赤ちゃんの胃はとっくり状になっている為、少し動いたり押されただけで、吐いてしまうのです。
胃が大人より吐きやすい形になっているのです。
そしてミルクを飲むときに一緒に入った空気がミルクより胃の奥にいくことで、さらに吐きやすくなります。
ですからミルクを与えた後は、ゲップをきちんとさせて、飲み込んだ空気を出してあげましょう。
そうすることで、空気が出てミルクが腸の方に移動して吐きにくくなります。
赤ちゃんの体重がきちんと増えていて、吐いた後も機嫌が良ければ、それほど気にしなくてもいいでしょう。

 

しかし、これ以外に消化管に問題があって吐いている場合があります。
噴水のように吐いて、赤ちゃんの機嫌も悪い時や吐いたミルクの色がおかしい場合は、病院に行って診てもらいましょう。

 

何度も赤ちゃんが吐くとお母さんも心配になってくると思います。
そんな時は、小児科で一度みてもらうといいでしょう。そうすることで、何も異常がなければ安心できると思います。
吐くたびに服を着替えさせるのは大変ですが、しばらくの間頑張りましょう。

哺乳瓶の重要性をご存知ですか?


このページの先頭へ戻る