赤ちゃん ゲップ

赤ちゃんのゲップについて

赤ちゃんにミルクや母乳をあげた後は、「ゲップをさせてあげてください」とみなさん言われると思います。
なぜ赤ちゃんはゲップをするのでしょうか。

 

それは赤ちゃんがミルクや母乳を飲むときに、一緒に空気も飲んでしまい、
そのままにしておくと胃の中に空気が入ったままになり、ミルクや母乳を吐きやすくなります。
赤ちゃんの胃の形は大人の胃の形とはことなり、ちょっとしたことで吐きやすくなってしまうのです。
ですからきちんとゲップをさせ、空気を体の外にだしてあげることが大切です。
母乳よりミルクの方が、空気が入りやすくゲップもでやすいです。
母乳ですとゲップがなかなか出ない場合もあります。

 

ゲップのさせ方は、赤ちゃんと縦抱きにして肩に顔がくるようにします。
おしりを片手で支え、そしてもう一方の手で、背中をとんとんとたたいてあげます。
ゲップをする時に、一緒にミルクまで出てきてしまう可能性もありますので、肩のところにタオルなどをあてておけば、服が汚れる心配もありません。
もう一つのゲップの出し方としては、太ももの上に赤ちゃんを座らせる形で、背中をたたいてあげる方法もあります。
どちらでも自分のやりやすい方法で、ゲップをさせてあげましょう。ポイントは、赤ちゃんを少し前かがみにしてあげると出やすいです。

 

ただ、お母さんがゲップをさせてあげなきゃといくら頑張っても、ゲップをしてくれない赤ちゃんもいます。
ゲップが上手に出ないと悩んでしまうお母さんもいますが、そんな時は、たいていオナラとして空気が出てきますので心配はないでしょう。

 

5分ほどトントンしても出てこなければ、そのまま寝かせてあげましょう。
その時は、万が一ミルクを吐いた時に、吐いた物が顔にかからないようにする為にも、顔を横に向けて寝かせたり、
背中にタオルやクッションを当てて、体を横向きの状態にしてあげましょう。

 

空気の呑み込みが多い赤ちゃんは、授乳の途中でゲップをさせてあげるといいです。
ゲップが上手に出せると赤ちゃんもスッキリすると思います。

哺乳瓶の重要性をご存知ですか?


このページの先頭へ戻る