ビーンスターク 哺乳瓶

ビーンスタークの哺乳瓶について

ミルクを上げる時に迷うのが、哺乳瓶だと思います。
どの哺乳瓶なら赤ちゃんが飲みやすいのか、哺乳瓶によって赤ちゃんのミルクの飲み具合も変わってくると思います。
哺乳瓶の種類によっては、赤ちゃんがミルクを飲んでくれないこともあるでしょう。
そこでおすすめの哺乳瓶をご紹介します。

 

まずは人気の高いビーンスタークの哺乳瓶をご紹介します。
ビーンスタークは、粉ミルクから離乳食、育児用品ま作っている会社です。
そんなビーンスタークの哺乳瓶は、耐久性の強いガラスでできています。
ガラス製は多少重いと感じるかもしれませんが、プラスチック製よりガラス製の方が汚れが落ちやすく清潔です。
乳首の部分はシリコンゴムでできていて、吸い口はクロスカットになっています。
クロスカットの良いところは、吸う力によってミルクの出てくる口の部分の大きさが変化するので、
新生時から離乳食の時期まで長く一つのものを使えるのです。
乳首の変化に敏感な赤ちゃんは、乳首が途中で変わるとミルクを嫌がることがあります。
ですから、長い間同じ乳首を使えるのは、赤ちゃんにとってもうれしいです。

 

そしてもう一つお勧めなのが、ドクタペッターの哺乳瓶です。
瓶の種類は、ガラス製とプラスチック製の2種類があり、乳首はシリコーンゴムでできていて、固いタイプとやわらかいタイプがあります。
吸い口が丸穴とクロスカットの2種類から選びます。
丸穴は、吸わなくても傾けるとミルクがポタポタ出てくるようになっています。
なんといっても特徴は、瓶の形が真直ぐではなくカーブがかかっていてオシャレです。
哺乳瓶にカーブがかかっていることで、赤ちゃんは背中を起こしてミルクを飲むことができます。
ですから、ゲップの回数や吐く回数を減らすことができます。
あまりにもミルクを飲んで吐くことが多い赤ちゃんは、ドクタペッターの哺乳瓶を試してみてはいかがでしょう。
種類が豊富で用途に合わせて選びやすいのもうれしいです。

 

どちらも人気の高い哺乳瓶です。
赤ちゃんによって好みが違うので、赤ちゃんに合うものを探してあげましょう。また、お母さんの使いやすさも大切です。
飲みやすい哺乳瓶なら赤ちゃんもたくさんミルクを飲んでくれるでしょう。

哺乳瓶の重要性をご存知ですか?


このページの先頭へ戻る