母乳 ちくび

ちくびが痛い場合の哺乳瓶出番

母乳育児の悩みとして多いのが、乳首が切れてしまい、痛くて母乳をあげることが苦痛という事です。
乳首が切れている状態で、赤ちゃんに母乳をあげるのは、本当に痛いです。

 

そもそもこのように乳首が切れてしまうようなトラブルは、生まれて間もない赤ちゃんを持つお母さんに多いのですが、
その原因は、赤ちゃんの吸い方が浅いからということと、乳首が固いということです。

 

産まれて間もない赤ちゃんは、まだおっぱいを飲むのが上手ではありません。
ですから、おっぱいのくわえ方が浅く、乳首が引っ張られて切れてしまうのです。
ですから、このようなトラブルを防ぐ為にも、赤ちゃんがおっぱいを飲むときは、きちんと乳首全体が口の中に入るようにしてあげましょう。
そして、乳首の固さをやわらげるために、授乳前に軽くマッサージするといいでしょう。
乳首が切れてしまうと痛いので、できるかぎり切れないように気を付けましょう。

 

 

では、乳首が切れてしまい痛い場合は、哺乳瓶に切り替えた方がいいのでしょうか。
乳首が切れて痛い間は、搾乳して哺乳瓶であげるといいでしょう。
哺乳瓶は、母乳に戻りやすいように、母乳育児に対応した哺乳瓶がおすすめです。
そして病院で専用の軟膏を処方してもらえば、乳首も1週間程度で治ると思います。

 

他には、乳頭保護器を使用するのもいいと思います。

 

そして母乳がでるのに、乳首が痛いからとすぐにミルクに替えてしまうのはもったいないです。
すぐに治りますし、乳首も赤ちゃんに吸われるとどんどん強くなって切れなくなります。
少しの間、哺乳瓶を活用して上手に母乳をあげましょう。

 

自分の母乳で赤ちゃんがどんどん成長していく姿をみていると、少しは頑張ろうという気持ちになれるのではないのでしょうか。
お母さんが無理のない程度に、母乳育児を頑張りましょう。

 

しかしあまりにも痛くてもう母乳をあげるのが無理と感じたら、ミルクに変えるのもいいでしょう。
お母さんがストレスを感じるのは、一番よくないですからね。

哺乳瓶の重要性をご存知ですか?


このページの先頭へ戻る