赤ちゃん ミルク

あなたの赤ちゃんのミルクの飲ませ方は大丈夫?

授乳

最近、赤ちゃんにミルクを飲ませる飲ませ方が悪くて中耳炎や耳の病気にかかる子が多いようです。

 

アメリカの小児科医で診察の中で耳にミルクがたまっている赤ちゃんを見ることが多かったようです。

 

そこからわかったことは、多くのママは、赤ちゃんにミルクのあげ方・飲ませ方が間違っているということ。

 

多くのママは子供を横に寝かせたままミルクを飲ませています。

 

しかし、それをするとのどにミルクが詰まったり、耳にミルクが流れ込んでしまいます。

 

大人でも寝ながら水を飲んだりする人は少ないでしょう。
一度ある程度体を傾けてから飲むと思います。

 

それはなぜでしょうか?
値ながら飲むと咳き込んだり、器官に入ったり、咳き込んだりすることを体験的にわかっているからなのです。

 

しかし、多くのママはそれを子どもにしています。

 

でも、実はママであるあなたが悪いのではなくて、哺乳瓶がそういう形になっていることが問題なのです。

 

母乳育児であれば、赤ちゃんの頭は地面に垂直に傾けて飲むため比較的自然な姿勢で飲むことができます。

 

しかし、これが哺乳瓶になると、寝かせたまま飲ませたりすることが多くなります。

 

これを改善するための方法が専用の哺乳瓶です。

 

ドクタペッターの哺乳瓶は赤ちゃんに飲ませやすい角度で作られています。

哺乳瓶の重要性をご存知ですか?

更新履歴


このページの先頭へ戻る